Jayendra’s Blog

Jayendra’s Blog」というサイトをご存知でしょうか? Solution Architect Pro を 93% で Pass された方が書き残した、学習用のブログなんですが、抑えるべきポイント、参考にしたホワイトペーパー、Youtube動画など、よくまとまっている。(ように見える。英語だからキチンと理解できてないけどね、、) 他力本願な私としては、自分の勉強用に、Google 翻訳を活用しながら、日本語訳しつつ勉強しようと思った次第です。


ソリューションアーキテクト
プロフェッショナル試験は、180分で77問。非常に網羅的な試験で、多くのAWSサービスとそれらがどのように連携して統合されているかをカバーしています。しかし、質問は少し古く、急速に変化するAWSの強化に対応していません


AWS ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験のブループリントを参照してください。

AWS ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験は、基本的に以下を検証します。

  • AWS 上に構築するソリューションを定義するための要件を特定して収集する
  • 新しいサービスと機能を導入してシステムを進化させる
  • AWS にデプロイされたアプリケーションのアーキテクチャ上の決定と選択肢のトレードオフと影響を評価する
  • スケーラビリティ、セキュリティ、信頼性、耐久性、コスト効果などの特性を最大化しながら、プロジェクトの要件を満たすことによって最適なシステムを設計
  • プロジェクトの要件を評価し、AWS の実装、デプロイメント、およびプロビジョニングアプリケーションに関する推奨事項を作成する
  • プロジェクトのライフサイクルを通じたベストプラクティスとアーキテクチャガイダンスの提供

問題の割合

AWS クラウドコンピューティングホワイトペーパー

AWS 認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル試験の内容

ドメイン1.0: 高可用性および事業継続性

  • 1.1 利害関係者の要件に基づいて適切な可用性のレベルを設計する能力をデモンストレーションする
  • 1.2 RPO および RTO に基づいてシステムに DR を実装する能力をデモンストレーションする
  • 1.3 マルチアベイラビリティーゾーンと複数リージョンアーキテクチャを比較して適切な使用を判断する
  • 1.4 自己修復機能を実装する能力をデモンストレーションする
  • 1.5 高可用性と耐障害性との比較

ドメイン2.0: コスト計算

  • 2.1 インフラストラクチャのコストを最小限に抑え、最適化するアーキテクチャ上の判断を下す能力をデモン
    ストレーションする
  • 2.2 シナリオに基づいて適切な AWS アカウントおよび請求セットアップオプションを適用する
  • 2.3 さまざまなアーキテクチャのコストへの影響を比較して違いを列挙できる

ドメイン3.0: デプロイメントマネージメント

  • 3.1 AWS でアプリケーションのライフサイクルを管理できる
  • 3.2 開発、テスト、およびステージングの環境用の適切なアーキテクチャを実装する能力をデモンストレーションする
  • 3.3 シナリオに基づいて最も適切な AWS デプロイメントメカニズムを位置付け、選択する
    • Elastic Beanstalk – Docker で動作し、ライフサイクルにリンクされている RDS を作成するために使用しない
    • CloudFormation
    • [OpsWork][54]の概略

ドメイン4.0: 複雑な大規模デプロイメントのネットワーク設計

  • 4.1 AWS のネットワーク機能を設計し導入する能力をデモンストレーションする
    • AZ
    • サブネットを持つ[VPC][56]
    • NAT
    • [踏み台][58]
  • 4.2 AWS の接続機能を設計し導入する能力をデモンストレーションする

ドメイン5.0: 複雑な大規模デプロイメントに対応するデータストレージ

ドメイン6.0: セキュリティ

ドメイン7.0: 拡張性と伸縮自在性

  • 7.1 疎結合されたシステムを設計する能力をデモンストレーションする
    • Route53 ヘルスチェック
    • ルーティングポリシー
    • SQS によるアーキテクチャジョブ オブザーバパターンの分離 – クラウドによるスケーリング
    • Kinesis は、リアルタイムのストリーミングおよびアナリティクス、パラレル出力、および最大24時間のデータをデフォルトで保存します。
  • 7.2 最も適切なフロントエンドスケーリングアーキテクチャを実装する能力をデモンストレーションする
  • 7.3 最も適切な中間層スケーリングアーキテクチャを実装する能力をデモンストレーションする
  • 7.4 最も適切なデータストレージスケーリングアーキテクチャを実装する能力をデモンストレーションする
  • 7.5 垂直スケーリングと水平スケーリングの間のトレードオフを判断する
    • 水平スケーリングの基本的な理解はスケールイン/アウトで、垂直スケーリングはスケールアップ/スケールダウンです

ドメイン8.0: クラウド移行およびハイブリッドアーキテクチャ

SWF マニュアルタスクやリトライ機能、SNS モバイルプッシュ、耐久性のある Email 用の SESElastic Transcoder、検索用 CloudSearch、災害復旧用 Data Pipeline などの他のサービス、CloudWatch はログ用の耐久性のあるストレージを提供、EMR のパフォーマンスを向上させる方法

AWSソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験リソース